HOME >> EVENT&NEWS >> DETAIL
  • LINEで送る
2021.5.25〜6.19
TRiCERA x WHAT CAFE double exhibitions 展

—-TRiCERA展示「SLANGS」、WHAT CAFE展示「RE-DISCOVERY」—

グローバルアートマーケットプレイスを通じて
世界80か国以上の若手アーティストによる作品を販売する
株式会社TRiCERA(トライセラ)とコラボレーションし、
TRiCERAWHAT CAFEがそれぞれテーマのもと、若手アーティストの
発掘と支援を目指します。
TRiCERAは「SLANGS」と題し、言語における俗語(スラング)のように
独自の進化を続けながら、森羅万象・文化・社会問題等を描いた
造形作品にフォーカスします。
WHAT CAFEは「RE-DISCOVERY」(再発見)をテーマに、
日本画の伝統技法と現代的な感性が融合した若手実力派による作品を通じて、
日本画の持つ魅力を再発見する機会を創出します。

TRiCERA展示「SLANGS」について
今回の8名のアーティストは自分たちの制作において
確固とした視座を持ち、それらをアウトプットするための
比類することない独自の、彼ら彼女たちだけの造形表現を持った方々です。
その作品に向かい合うことは、まるで異国の言葉を聞いたときのような難しさ、
不思議さ、奇妙さを覚えるかもしれません。
アーティストの固有の、造形という視覚を通して語られる言葉に、
ぜひ耳を傾けてみてください。

出展アーティスト(敬称略・五十音順):
久保晶、佐々木成美、城蛍、團上祐志、古川諒子、
馬嘉豪、アハメッド・マナン、丸山太郎

WHAT CAFE展示「RE-DISCOVERY」について    
アートフェア等への出展実績のあるアーティストも含めた、
将来を有望視される若手実力派の日本画アーティスト8名による
約40作品を展示・販売いたします。古来の伝統技法と
現代的な感性が融合した作品を通して、「新たな日本画」を
再発見する機会を創出します。    

出展アーティスト(敬称略・五十音順):
青木志子、木下めいこ、桑原理早、小林明日香、
田住真之介、田村幸帆、増田沙織、山田雄貴

場所
〒140-0002 東京都品川区東品川2-1-11
りんかい線 天王洲アイル駅 B出口より徒歩4分、 東京モノレール 天王洲アイル駅 中央口より徒歩5分
日時
2021年5月25日(火)~6月19日(土)
11:00 ~ 18:00
※最終日は17:00閉館
問合せ
https://cafe.warehouseofart.org/contact/
入場料
無料
●category
ページの先頭へ
copyrights © 天王洲 総合開発協議会 All rights reserved
天王洲総合開発協議会