HOME >> EVENT&NEWS >> DETAIL
  • LINEで送る
2020.10.15〜
「WHAT CAFE」OPEN

アートが自由なように、
あなたのたのしみ方も、
もちろん自由。
コーヒーとともに、
新しいアートと新しい関わり。
WHAT CAFE から新しい毎日を。

2020年10月15日(木)に天王洲に新たなアートスポット 「WHAT CAFE(ワットカフェ)」 が誕生します。

WHAT CAFEでは、ギャラリーとカフェが融合する空間でお食事やお飲み物を楽しみながら、アート界の未来を担うアーティストの作品を鑑賞・購入することが可能です。会期ごとにすべての作品を入れ替えることにより、数多くのアーティストに作品の披露および販売の機会を、また、来訪者には年間を通して数百点の作品と出会う場を提供します。

さらに展示内容と連動したワークショップ、アートの世界を体験できるイベント、アートファン同士の交流会などを定期的に開催。作品を鑑賞するだけではなく、アートを味わい、学び、感じることができる新しいアート体験を提供いたします。

日本のアート業界の未来を担うアーティストによる現代アート作品を常時数十点展示。
会期ごとにすべての作品を入れ替えることで、常に新しいアートと出会える機会を提供いたします。また、広く様々なアーティストにとって飛躍の契機となるよう、公式サイトでは出展アーティストの公募も行います(公募による展示については選考を行います)。さらに展示内容と連動したワークショップ、アートの世界を体験できるイベント、アートファン同士の交流会などを開催。作品を鑑賞するだけではなく、アートを味わい、学び、感じることができる新しいアート体験を提供いたします。カフェスペースでは、各種ドリンクに加え、ボロネーゼ専門店のパスタやボリュームのあるサラダなどのお食事メニューもご用意。アート作品に囲まれた空間でランチのご利用も可能です。

現在の展示情報「POP UP SHOW with EUKARYOTEP」
WHAT CAFE 初回の展示会として、「 POP UP SHOW with EUKARYOTE 」を開催します。
東京・外苑前にギャラリーを構えるEUKARYOTEに所属する
若手アーティスト15名の作品を展示・販売致します。
同施設内にはカフェも併設され、
アート作品を鑑賞しながらドリンクやフードを楽しむことができます。


出展アーティスト:東慎也、磯村暖、海野林太郎、小川潤也、カタルシスの岸辺、香月恵介、菊池遼、品川はるな、菅原玄奨、高橋直宏、畑山太志、山口聡一、楊博、ユアサエボシ、米村優人 (五十音順)
場所
〒140-0002 東京都品川区東品川2-1-11
日時
・会期 2020年10月15日(木)-2020年11月5日(木)
・開館時間 11:00〜18:00(カフェ L.O 17:30)
・休館日 10月27日(火)・28日(水)
 ※10月21日(水)は諸般の事情により、15:00で閉館致します。
問合せ
https://cafe.warehouseofart.org/contact/
入場料
無料
WHAT CAFE instagramフォローでドリンク無料サービス!
WHAT CAFEではオープン記念としてWHAT CAFE の公式instagramアカウントをフォローいただいた方にもれなく無料ドリンクサービスを行っております。

WHAT CAFEのinstagramでは展示作品の紹介や、展示会情報、イベント情報を発信いたします。是非この機会に、WHAT CAFE instagramアカウントのフォロー&いいね!いただき、WHAT CAFEでのアートなひと時をお楽しみください。

キャンペーン期間:2020年12月末まで
場所
〒140-0002 東京都品川区東品川2-1-11
日時
キャンペーン期間:2020年12月末まで
問合せ
https://cafe.warehouseofart.org/contact/
●category
ページの先頭へ
copyrights © 天王洲 総合開発協議会 All rights reserved
天王洲総合開発協議会