HOME >> EVENT&NEWS >> DETAIL
  • LINEで送る
2021.4.23〜5.06
【終了】TOKYO CANAL LINKS  長谷川愛展「4th Annunciation」 を開催

寺⽥倉庫株式会社(東京都品川区 代表取締役社⻑︓寺⽥ 航平)のアートプロジェクトTOKYO CANAL LINKS は、2021年4月23日(金)~5月6日(木)の期間、TERRADA ART COMPLEX Ⅱにおいて長谷川愛展「4th Annunciation」を開催いたします

⻑谷川 愛 展 「4th Annunciation」
展覧会タイトルの「Annunciation」は、天使ガブリエルが聖母マリアを訪れてキリストの受胎を告知したことを意味しており、それは、作家が今回も展示する「私はイルカを産みたい・・・」(2013年)、「(不)可能な子供」(2015年)、「シェアード・ベイビー」(2011・2019年)の3つのビデオ作品が、セックスの替わりに科学技術を通じて子供と家族をつくる新しい根本的な方法を想像させることに端を発しています。これらの作品は、将来の希望と恐れを示唆しながら、生殖、家族、育児基準の変化の可能性を探っています。今回はこれら「生」に加え、「死」について現在リサーチ中のプロジェクトも展示しています。
場所
TERRADA ART COMPLEX Ⅱ 4階(東京都品川区東品川1-32-8)
日時
2021年4月23日(金)~5月6日(木)12:00~20:00 会期中無休 ※最終入場19:30
入場料
無料
※日時指定予約制
予約方法
TOKYO CANAL LINKS 公式サイト(https://tokyocanallinks.com)より日時指定予約
主催
寺田倉庫株式会社、TOKYO CANAL LINKS実行委員会、⻑谷川愛
助成
公益財団法人東京都歴史⽂化財団 アーツカウンシル東京、
公益社団法人企業メセナ協議会 2021 芸術・⽂化による社会創造ファンド
JST-RISTEX ELSIプログラム プロジェクト企画調査『技術死生学プロジェクト』
協力
国立大学法人 京都工芸繊維大学 デザイン主導未来工学センター KYOTO Design Lab
長谷川 愛プロフィール
アーティスト。バイオアートやスペキュラティブ・デザイン、デザイン・フィクション等の手法によって、生物学的課題や科学技術の進歩をモチーフに、現代社会に潜む諸問題を掘り出す作品を発表している。 IAMAS卒業後渡英。2012年英国Royal College of ArtにてMA修士取得。2014年から2016年秋までMIT Media Labにて研究員、MS修士取得。2017年~2020年3月まで東京大学 特任研究員。2019年秋から早稲⽥大学非常勤講師。2020から自治医科大学と京都工芸繊維大学にて特任研究員。上海当代芸術館、森美術館、イスラエルホロンデザインミュージアム、ミラノトリエンナーレ、アルスエレクトロニカ等、国内外で多数展示。著書に「20XX年の革命家になるには──スペキュラティヴ・デザインの授業 」(BNN新社)など。
●category
ページの先頭へ
copyrights © 天王洲 総合開発協議会 All rights reserved
天王洲総合開発協議会