HOME >> AREA GUIDANCE >> ACTIVITY
  • LINEで送る

ACTIVITY

アクティビティ
アートホール

TENNOZでARTを楽しむ
天王洲アイルは、“アートの街”とも言われている。それを象徴するのが、天王洲セントラルタワーの「アートホール」だ。
ここは、天王洲アイルで一年を通してアートを楽しむことができる場所。この天井高5.5mの「アートホール」では、芸術大学の学生から、有名な芸術家の作品まで、一年を通して多彩なアートの展示会や、アートフェスティバルを開催している(ちなみに現在まで140回を超えるアート企画を開催!)。大きな窓から自然光が降り注ぐ展示空間は全国でも珍しく、移り変わる自然光によってアートはさまざまな表情をみせてくれる。
ここでは誰でも気軽にアートに触れることができ、訪れる人々の知性と感性を刺激してくれ、イマジネーションを与えてくれる。また、フレキシビリティのある企画展示ができるため、才能あるアーティストの発表の場としても魅力あるギャラリースペースとなっている。
天王洲アイルの風と空、そして水辺の心地よさと美味しい食事を満喫したあとは、あなたの感性を刺激するアートの世界、天王洲セントラルタワーの「アートホール」へ行ってみよう。

天王洲セントラルタワー・アートホール
〒140-0002 東京都品川区東品川2-2-24
天王洲セントラルタワー1F
お問い合わせ TEL:03-5462-8811(代表)
開館時間: 8:30〜20:00(土・日・祝日休館)
入場無料

ACCESS
東京モノレール「天王洲アイル」駅の中央口、
りんかい線「天王洲アイル」駅のB出口より、

スカイウォークで直結。
アートホール特設ページ
アートホール アートホール アートホール アートホール アートホール
ボンドストリート
ボンドストリートは、ふれあい橋と海岸通りをつなぐ200メートルほどの小径。名前の由来は保税地域(bonded area)で、その名の通り、昔は倉庫街でした。今では倉庫をリノベーションした天井の高いショップやレストランがあるおしゃれなゾーン。ちなみに、ふれあい橋から高浜運河沿いの道を歩くと15分程で品川駅に着きます。
ザ・クルーズクラブ東京
ザ・クルーズクラブ東京は、日本郵船 (株)が1990年代に新たな客船事業の展開を図るべく、東京湾内でのレストランシップとクラブハウスを併せ持つ複合施設として、1990年5月8日 にグランドオープン、2011年10月より天王洲シーフォートスクエア1階に移転いたしました。
公式HP http://cctokyo.co.jp/
ザ・クルーズクラブ東京 ザ・クルーズクラブ東京
銀河劇場

「天王洲 銀河劇場」は、東京湾を臨むシーフォートスクエア内の馬蹄形をした円柱の建物内にある三層構造の劇場。客席数は746席、2階と3階にはボックス席が設けられ、舞台と客席の距離は、なんと最大でも20メートルという近さ。演者の声、熱気が全身に伝わってくるライブ感がたまらない。その迫力は演者の動きと共に揺れる空気の流れも体感できるほど。ライブ感がダイレクトに伝わってくるから、見終わったあとの感動もひとしお大きい。さらに年間を通して演劇、ミュージカル、音楽、ダンスなど、ジャンルにとらわれない様々なエンターテイメントが開催されているから、一年中、新しい感動に出会えるのも大きな魅力だ。
客席1階ロビーにはカフェ・バー「ストラドルージュ」があり、季節のカクテルや、上演作品とコラボレーションしたオリジナルカクテルなど、多彩なメニューが用意されている。また、観劇後に、家族や友人、恋人と感動を共有しながら、天王洲エリアの飲食店で食事をするのも楽しい。


天王洲 銀河劇場
〒140-0002 東京都品川区東品川2-3-16  シーフォートスクエア2F
お問い合わせ TEL:03-5769-0011

ACCESS
東京モノレール「天王洲アイル駅」直結。
中央口改札を右へ徒歩1分、りんかい線「天王洲アイル駅」A出口より徒歩5分。

公式HP http://www.gingeki.jp/
天王洲 銀河劇場天王洲 銀河劇場

 

ページの先頭へ
copyrights © 天王洲 総合開発協議会 All rights reserved
天王洲総合開発協議会